川口元郷駅から徒歩4分|埼玉県川口市栄町のあかちゃんとこどものクリニック

048-250-5670

〒332-0017
埼玉県川口市栄町1-12-21
シティデュオタワー川口 医療モール2F

メインメニューを開く MENU
  • HOME
  • 赤ちゃんのスキンケア
赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんの肌とのつきあい方~指先センサーを活用しよう~

赤ちゃん

赤ちゃんの肌のトラブルで困ったことはありませんか?
ブツブツ、カサカサ、かゆみ、赤みは肌のトラブルです。
薬を使わずに肌の手入れだけでよくなるものが大半ですが、肌の状態は年齢や季節でどんどん変化します。つるつるすべすべの肌であれば、その子にあった手入れができています。
つるつるすべすべ肌のための「3つの原則」と「具体的な洗い方」についてお話します。

汚れは洗って、きれいな肌はそのままに

赤ちゃんの肌トラブルの多くは、汚れか洗い過ぎによるものです。
生後1~2カ月頃の赤ちゃんの顔のブツブツや夏場の「あせも」は汚れが残っているためのトラブルです。
これらはぬるま湯や石けんで丁寧に洗えばよくなるものが多く、薬を塗ってもきれいに洗わなければ治りません。
一方、冬に肌がカサカサしてかゆくなるのは、洗い過ぎによるものがほとんどです。入浴時に指で触って汚れ(脂や垢)を感じない場合は、石けんを使わない方がよい場合もあります。洗い過ぎた場合は、保湿剤を塗って肌の乾燥を防ぎましょう。風呂あがりに保湿剤を塗る時は、タオルで拭く前に塗りましょう。

汚れは拭かないで、洗って!

赤ちゃん

口の周りが赤かったりガサガサしたりしている場合、ほとんどの保護者が手にハンカチやタオルを握っています。よだれを拭いているのです。
実は、悪いのは「よだれ」ではなく、「拭く(こする)こと」なのです。母乳や人工乳、食べ物が肌についているとトラブルの原因になることがあります。食事の後は口の周りを洗いましょう。濡らした手指で口の周りをぬぐってあげるときれいになります。そこをタオルでそっと押さえて水分をとってあげましょう。ゴシゴシ拭くのは禁物です。

道具を使わず、手指で

ガーゼで肌を拭く(こする)のはやめましょう。出産直後にガーゼを使って顔や体を拭くように指導されることが多いようですが、生後数週間もすると顔・頭・胸のあたりが脂っこくなってきます。脂汚れは、ガーゼで拭いてもきれいになりません。石けんで脂汚れをしっかり洗いましょう。この時、ガーゼは使わず指先で洗いましょう。私が自分の顔をガーゼで洗ったら、その後3日間ヒリヒリした痛みが消えませんでした。赤ちゃんの肌は大人の肌よりさらにデリケートです。
また、おしりにトラブルがある赤ちゃんは、まず市販のおしりふきを止めてみましょう。自宅ではシャワーを使ったり、やわらかいティッシュやコットンを水でびしょびしょに濡らしておしりを洗ったりしましょう。買ってしまったおしりふきは、水が使えないお出かけ時などに活用しましょう。

指を使うメリットは次の3つ

  1. 洗う前:きれいか汚れているかを感じるセンサー
  2. 洗う時:肌を傷つけない
    (ガーゼやスポンジは肌を傷つけます)
  3. 洗った後:きれいになったか、石けんや汚れが残っていないかを感じるセンサー
    1カ月健診が終わったら、一緒にお風呂に入りましょう!

具体的な洗い方

STEP1 おむつでおおわれていた部分(尿や便がつく部分)は最初にざっと石けんで洗う。
矢印
STEP2 赤ちゃんを抱っこして一緒に浴槽に入ります。耳や目にお湯がかかっても大丈夫です。耳を押さえる必要はありません。(口や鼻は水没させないように気をつけましょう)
矢印
STEP3 「きれいな肌」と「汚れた肌」をきちんと見極めるため、浴槽の中で赤ちゃんの肌を頭から足の先までくまなく指で触ります。
矢印
STEP4 浴槽から出たら、脂っこい部分と垢がたまっている部分(汚れた肌)だけに泡立てた石けんをつけて洗います。顔を洗う時には、目から遠ざかるように指を動かして石けんが目に入らないように気をつけます。
矢印
STEP5 お風呂からあがったら、乾燥しやすい部分には保湿剤を塗って仕上げます。

冬と夏の違い方

冬は乾燥しやすくカサカサ肌になりやすいので、洗い過ぎに注意します。保湿剤を必要に応じて使います。
(夏にあせもがひどかった所も、冬にはきれいになることが多いものです)
夏は汗をかいて首のしわの中や背中などに汚れがたまりやすくなりますから、汚れを洗うことに重点を置きます。
(冬愛用した保湿剤を塗り過ぎると、あせもが悪化することがあります)